ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

格安SIM スマホ

本当に1980(ワンキュッパ)? Y!mobileで契約するとき気を付けること・SIMフリー端末編

更新日:

ワンキュッパ・1980でスマホが持てる?のか

Y!mobileワンキュッパ割り画像引用元:Y!mobile

※Y!mobileでのスマホプランの契約+SIMフリー端末の購入についての記事です。Y!mobileのSIMロックが掛かった端末とは異なる場合があります。

友人が初スマホの契約をY!mobileでしたいとのことで相談を受けています。

SIMフリー端末も合わせてY!mobileで購入する予定です。

そのことについてはこちらの記事

ネット上で調べただけではなく、実際、実店舗にも数ヶ所行って見積もりを取りました。

Y!mobile(ワイモバイル)といえば、1980、ワンキュッパのCMでお馴染み。

「1980円でスマホが使えるのかー」と思いますよね。

ワンキュッパというのは正式には「1980ワンキュッパ割り・1年間」のことです。
※契約月の翌月から適用

先ずワンキュッパ割りを適用条件として、契約の2年縛りがあります。2年契約しないと1年のワンキュッパ割りは使えません。

しかも1980円の割引ではなく、スマホプランSの料金が2980円のところ割引1080円(1年のみ)を適用して1980円になるというもの。

2年契約をし、割引後のスマホプランSの料金が1年間1980円という意味です。プランMやLの場合、当然1980円にはなりません。

ワンキュッパ割りの適用条件はこちら

ワンキュッパ割り条件

画像引用元:Y!mobile

また端末をY!mobileで購入する場合は、そこにSIMフリー端末代(機種・プランにより異なる)が加算されます。

端末代を除いてワンキュッパ割り適用でスマホプランSを契約すれば、1年のみ「1980円・税抜き」となります。

他の割引サービス(家族割や光セット割、下取り)なども用意されています。

Y!mobileオンラインショップで希望の機種やプランを選んで見積もりを出すことが出来ますので、まずは確認してみましょう。

スマホプランS契約の罠・SIMフリー端末の場合

先にも記述しましたが、以下の内容は実際に私がショップや家電量販店のワイモバイルコーナーに行って見積もりと相談をした経験談になります。店舗や契約時期によって料金等の条件が異なりますのでご承知おきください。

-------------------------------------------------------

友人は「そんなにネットは使わないから」ということで「スマホプランS」を希望。

しかし、どこも「スマホプランM」を勧めてきます。

「プランM」加入のほうが端末代の割引額が大きいのです!

Y!mobileスマホプラン画像引用元:Y!mobile

機種はHUAWEIのP9Liteを検討していたのですが、とあるショップは

スマホプランSだと端末代14624円
スマホプランMだと端末代108円!
(いずれも税込)

前に書いた記事を読んでいただければ、スマホプランMの加入期間の条件がショップによって異なるのがお分かりいただけます。

最短で1カ月、最長で2年(その際は端末代無料のところも)どのショップも初月は日割り適用(ワンキュッパ割り無し)です。

Y!mobileのオンラインショップでも、HUAWEI P9Liteについては端末代がスマホプランSとMでは違います。

スマホプランS 14624円
スマホプランM 980円
(いずれもSIMカード付税込/2017.9.27現在)

スマホプランSの加入を検討している方は、SIMフリー端末代が高くなる場合があることに気を付けてください。

SIMフリー端末でのスマホプランSの契約は一筋縄ではいきません。。

また、契約時にMプランで端末代を安く購入できても、2年以内に解約すると契約日数に応じ、端末に対して「短期解約料」を徴収されます。契約期間が短いほどこの料金は高くなるので、契約時によく確認してください。

SIMフリー端末の取り扱いはどのショップも同じではありません

前の記事と重複しますが、Y!mobile(ワイモバイル)の実店舗(ショップ)や家電量販店コーナーは、加入条件や取扱い端末に違いがあります。

P9LiteのようなSIMフリー端末を希望の場合は取り扱いがないところもあります。事前に電話で確認しておきましょう。

故障時の対応、保証の違い

Y!mobile(ワイモバイル)で契約するときに、SIMフリー端末の場合は以下の注意が必要です。

まずSIMフリー端末だと

故障安心パックライト

というものに加入できます。(加入はUSIMカード契約時のみ)

イメージ的には「故障時に修理してくれるのね?」と思いがちですが、修理は不可です。

USIMカード単体でご契約のお客さまがご利用中のSIMフリースマートフォンが破損や故障などの際に、指定機種と取り替えできるサービスです。

引用元:Y!mobile

指定機種をワイモバイルショップ店頭で7,500円~で取り替えられるサービスになりますので、修理やデータのバックアップは出来ません。

 

一方、SIMフリー端末ではないY!mobile取扱いのロックの掛かった端末では

故障安心パックプラス

に加入可能です。(加入は端末購入時のみ)

故障安心パックライトとは内容が異なります。

「故障安心パックプラス」は、スマートフォンを利用する際に不安な故障・水濡れ・盗難時に対する保証だけでなく、インターネットに潜むウィルスに感染した際の補償や、故障・水濡れ時に画像やメールなどの大切なデータを復旧するサービスを加え、万一のトラブルに備えた8つの安心サービスをまとめて提供するオプションサービスです。

引用元:Y!mobile

Y!mobileでSIMフリー端末を購入し保障に加入する際は、内容をよく確認しましょう。

契約は慎重に

Y!mobileのデメリットを書きたくて記事にした訳ではありません(笑)

友人のために調べていたら、いろいろ確認しなければならない点があるのだなぁと思ったので記録として。

実際、我が家は夫がY!mobileで契約しています。以前契約していたdocomoより3000円近く料金が下がったので、とても喜んでいます。

夫の場合、機種はY!mobileのandroid One 507SH、スマホプランMと最初から決めていたので特に問題なく済んだのですが。

Y!mobileのメリットとしては

  • 仕事上、電話(通話)をよく使う人にとって、1回10分以内の通話が無制限で無料というのは恩恵が大きい。
    (※10分以上経つと30秒/20円、留守番電話センターへの通話は10分以内でも無料ではなく30秒/20円)
  • キャリアの回線を借りているMVNO(格安SIM)と異なり、自社回線なのでスピードが安定している。

Y!mobile以外にも言えることですが、スマートフォンの契約は事前にネット等で調べ、ショップで直接説明を聞いてしっかり理解した上で行いましょう。

スタッフの方に勧められたプランが本当に自分のスマホの使い方にあっているのか分からない時は、その場ですぐに契約せずに一旦持ち帰り、自分でネットで調べたり、家族や周囲の人に相談してみましょう。

特に気を付けたいのは、Y!mobileでクーリングオフ制度が使えるのは訪問販売もしくは電話での勧誘販売に限定されます。店舗やオンラインショップでの契約は適用外です。
※docomo、au、softbankのクーリングオフについてはY!mobileと異なります。総務省webサイトでご確認ください。

 

 

 

-格安SIM, スマホ

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.