ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

海外 WDWオーランド お出掛け・旅行

WDW(ウォルトディズニーワールド)でマジックバンドを落とした話

更新日:

2014・2015年 WDW(ウォルトディズニーワールド)へ行きました

夏休みの旅行の計画を立てている方もいらっしゃると思います。

大分前のことになりますが、2014・2015年2年続けてフロリダにある、WDW(ウォルトディズニーワールド)へ行ってきました。

☟何を狙って撮ったかいまいち分からない写真☟

WDWウォルトディズニーワールド
WDWに行かれたかたのブログを拝見すると、皆さんマメで、写真も情報もたっくさん載せていらっしゃいますが、当ブログは管理者がズボラなので、WDWの情報をお求めの方、すみません。
それと、WDWはいろいろシステムが変わったりすることも多いので、公式サイト等で最新の情報を入手してください。

でも、以下読んでおくと役に立つ時がやってくるかもしれません。
なんせ、大変レアな経験をしたのですから!
タイトル読めばお分かりですね(汗)

マジックバンドって?

マジックバンドについては、まあ、検索していただければ(ズボラゆえ説明書くのが…)
ざっくりいうと、チケット・ファストパス・レストランの予約情報・フォトパス・メモリーメーカー(写真サービス)・WDWのホテルに宿泊の場合はルームキーとして・クレカ情報をリンクさせればこのマジックバンドで決済も可能などなど。。

実に恐ろしい便利なバンドであります!(マジックバンドでの決済は便利なので、つい使ってしまう恐ろしさよ)

インクレディブルお母さんが印象的なBOX
WDW内ホテルを予約し、My Disney Experience(予約に関する全てを管理できるWDWのサイト)にてカラーを選びます。
チェックイン時に受け取り。気分があがります!

WDWマジックバンド

ちなみにカラー指定をしないと、グレーのバンドになります。
バンド裏面には指定した自分の名前が入っています。

これをね、家族のうち1名が落としたんですよ!!!
写真のバンドは2014年に行った際のもの。落としたのは2015年…

アニマルキングダム・カリリバーラピッド

アニマルキングダムカリリバーラピッド

円形のラフティング・ボートに乗ってアジアの熱帯雨林の中を激流下りにいざ出発。かなり濡れるので手荷物は2時間無料のロッカーに預けましょう。ライドに手荷物を入れる共有スペースはありますが濡れます。待ち時間の目安は20~70分。裸足禁止。サンダル推奨。身長97cm以上。

引用元:http://tdrnavi.jp/ (tdrnavi WEBサイト)

はいここです。マジックバンドを落とした現場。
水没です、水没、ぽちゃん。

自分のことをズボラだと宣言しましたが、それは通常モード運転時。
旅行に関しては、家族(夫と娘)は手配、準備、下調べ等々絶対しませんので、私がフルパワーモードにて稼働するのが常です。

旅行先でも、引率者となって動きます。
旅行先のアクシデントとか、ハプニングとかは要らない。
準備も用意もなあなあで、「行けば何とかなるさ」っていうタイプの人とは旅行にはいけない。(特に子供連れのときは)

皆が元気で、事前に組んだ無理のないスケジュール通りに旅行が進めばよい、とひたすら任務を遂行。

なのに!やってくれました夫が。

要らんものをもっている夫

夫はレストランに行けばコップの水をこぼし、お寿司屋さんにいけば醤油の入った小皿を落とし、その昔、結婚前に二人で入ったイタリアンレストランでは、なぜか夫の座っていた椅子の脚が急に壊れてドリフみたいな状況になった、といういわば不注意な上に、要らん何かをもっているタイプ。

そして、ベルトでも時計でも、何でもゆるっゆるで身につけるタイプ。

それらがカリリバーラピッドという激流下りのアトラクションに乗るときに、全パワーで発動。

ボートに乗り込み、シートベルトを装着。
なんか隣の夫が「ガチャガチャ、ガチャガチャ、ガチャガチャ、ガチャガチャ…」ずっとやっている。

夫「なんかシートベルトの締まりが悪くて、ガチャガチャしてたら、さ、落ちた…」
私「何が?落ちたの」
夫「マ、マジックバンド」

出発前に慌てて、キャストお姉さんに伝えたところ「オーマイガー!」と言われ、同乗していた中で一番安定感のありそうなタイプの男性に「まあ、落ち着け。何とかなるさ」と言われ、ボートに乗り合わせた全員から同情の目を向けられ、スリリングな急流下りが始まりました。

ただでさえスリリングなアトラクション、皆の100倍スリリングな気分でライド

前向きに、そして対処

アトラクションを終えて、まずアニマルキングダムの入口付近にあるインフォメーションまで向かいました。その足取りの重さといったら。。

夫が言いました。
「でもさ、水の中に落としたのはラッキーだったよね!誰にも拾われる心配がないから!」

「いや、落とさないのがいちばんだよ…」

「もおーパパっ 😡  」

落とした張本人が何だか一番前向きなことにイライラ。
でも、そんなイライラを吹き飛ばすように、インフォメーションではすぐに落としたマジックバンドを無効にしてくれ、バンドの代わりに全ての情報を移したカードを発行してくれました。

「ここではバンドの再発行はできないから、ホテルでやってもらって」と。

以上が顛末です。

マジックバンドのセキュリティ

入園チケットやらクレカやらルームキーやらてんこ盛りのマジックバンドですが、落としたからといってすぐに悪用されるわけではない…はずです。

まず入園チケットとして使用する際は、パーク入口でバンドと指紋を同時に認証させます。

クレジットカードとして使うときは最初に設定した4桁のPINを、使用時にも入力します。万が一、拾った人が一発でPINを当てたら使われていまいますが、心配な場合はカード会社に連絡をしたほうがよいでしょう。

落とした際は、できれば速やかにMy Disney Experienceから登録済のマジックバンドを無効にし、その後インフォメーションなり、ホテルのフロントに行くのがベストかもしれません。
私たちはその時はすべがわからず、すぐにインフォメーションに行き、無事に手続きができました。

こちらが再発行してもらったグレーのマジックバンドです。再発行は色が選べませんのよ。
「でも、落とさなかったらこのグレーのバンドは手に入らなかったし、ある意味貴重だよ!」
落とした本人だけ、超前向き…

グレーのマジックバンド

 

 

-海外, WDWオーランド, お出掛け・旅行

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.