ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

格安SIM スマホ

格安SIMにむかない人

更新日:

格安SIMに変えて8ケ月経ちました!

2016年9月初旬に長年契約していたdocomoから格安SIM(フリーテル)に変えました。
端末はdocomoで使用していたNexus5xをそのまま引き継いで使用しています。
気になるのはどれくらい通信費が安くなったか、ですよね。

2017年4月は1,298円

4月は通話をしなかったので通話代は0円ですが、留守電の契約(月300円)はしています。
通話、SMS、通信SIMの使っただけ安心プラン。その名の通り、使った分だけ料金が掛かります。
この月は1GBだけの使用でしたので、1199円。キャンペンーン中に契約したので、299円の割引が適用されています。

フリーテル使用料金  フリーテル料金表

docomo時代は7500円ほど掛かっていたので大幅ダウンです!!

これはみんなに薦めたい、と思ったけれど

「こんなに安くなるのなら、みんなにも薦めたい!」とすぐに思い、友人知人に話したのですが、どうも反応がよろしくありません。なぜ?

LINEメインだけど、キャリアのメールアドレスで連絡をとっている人もいて、メアド変更を知らせるのが手間

学校の連絡メールなどの登録変更が面倒

携帯ショップみたいに実店舗がないところがほとんどだからから不安

家族無料通話がないから困る

国民生活センターに寄せられたトラブル

ちょうど2017年の4月、こんなニュースが出ていました。

「格安スマホ(格安SIM)」のトラブルが増加。
14年の相談件数が139件だったのに対し、16年は1045件寄せられた。

このニュースだけを見ると「やっぱり格安SIMは怖い!」と感じる方も多いはず。
でも寄せられたトラブル例を挙げてみると…

契約したものの、不明点を聞こうにも実店舗がなく、サポート電話の窓口も混み合って繋がらない。

故障したので修理に出したが、戻ってくるのは1カ月後。代替機の貸し出しはないといわれた。

キャリアと違いメールアドレスがもらえない。送信先がキャリアメール以外をブロックしていて、送信が出来ない。

速度が遅くて使い物にならない。

料金が安くなると思っていたのに、通話料金が高額になった。

確かに、それまで大手キャリアで契約していた時と違って、多くは自分で設定したり、自己責任の割合が多くなるのが格安SIM。だから安い。契約する前に調べたり、契約時にもいろいろ確認しないと「思っていたのと違う!!」という結果になります。

国民生活センターに寄せられたトラブル例を見ると、確認不足といった感が強いですね。
料金の安さだけがクローズアップされ、リスクについての説明が不足しているとも感じます。これは販売する側の課題でしょう。

格安SIMにしないほうがいい場合

安さが魅力の格安SIM。
でも、以下に当てはまる方は今は契約をしないほうが無難です。

とにかく自分で調べたり、確認するのが面倒

キャリア(携帯)ショップがないとスマホのことはお手上げ

キャリアメールが必須

家族無料通話や、かけ放題プランをフル活用している(通話が多い)

周りにスマホや格安SIMについて詳しく相談できる人がいない

速度を落としたくない。または昼休みに動画などをよく観る(格安SIMは利用者の増える昼休みの時間帯は回線が混雑するため、速度が落ちるリスクがあります)

イオンモバイルが救世主?

 

イオンモバイル

画像引用元: http://aeonmobile.jp (イオンモバイルWEBサイト)

私も主婦ですから、通信費の削減が家計に大きく影響するのはよく解ってます。実際、削減出来た部分を他の費用に充てられて助かってます。

「格安SIM、よくわからないけど通信費の削減はしたい!」「多少のことは自分で調べたりするのも苦にならない!」という方は「イオンモバイルがおススメです。docomo回線借りた格安SIMとなります。
実店舗があるので相談ができる、いつもの買い物のついでに寄れる…etc 主婦の方にはぴったり!

以下でイオンモバイル取扱店舗の検索ができます
http://aeonmobile.jp/shoplist/

ただし、実店舗があるからといって、なんでもお任せではダメです。当然、大手キャリアと全て同じサービスではありません
「イオンモバイル メリット デメリット」などと検索して、自分なりに情報を集めた上で、検討しましょう。

イオンモバイルで契約した知人の話

たまたま私の周りでイオンモバイルを使っている知人が2人います。
その2人に感想を聞いてみました。

知人A 初スマホがイオンモバイル。端末もイオンモバイルで購入。月1000円程度(プランによります)で便利に使えて満足!携帯ショップより、イオンのほうが自宅から近いのもポイント。

知人B docomoから乗り換え。端末はdocomoのものを継続して使用。イオンモバイルで加入したセキュリティがうまく設定できず手間取った。それとGPSの反応が遅くなった。料金面では満足。

※GPSが遅くなった原因はアシストGPSが使えなくなったことが原因でしょう。アシストGPSとは通常のGPSの補助的な役割を果たしていて、より速く正確に位置情報をキャッチできるものです。docomo端末の一部ではこのアシストGPSがSPモードでしか働かないため、格安SIMに移ったことで、spモードが使えずにいるためと考えられます。
詳しく知りたい方は「アシストGPS ドコモ」「A-GPS ドコモ」等で検索してみてください。

近くに店舗があれば楽天モバイルも

画像引用元: https://mobile.rakuten.co.jp/ (楽天モバイルWEBサイト)

他に実店舗を構える格安SIMは「楽天モバイル」があります。
こちらもdocomo回線を借りいます。
ショッピングや旅行の予約で主婦の皆さんにお馴染みの楽天。
楽天カードを持っている方も多く、楽天ポイントを貯めたり、使ったりできるのもいいですね!
特徴としては、楽天メールアドレス(@rakuten.jp)がもらえること。

以下から楽天モバイルショップの検索ができます。
https://mobile.rakuten.co.jp/shop/

こちらもイオンモバイルと同様に、ネットで口コミを検索するなどご自身で情報を得てください!

さいごに 今の契約をよく確認して

格安SIMを検討する前に、今のキャリアの契約がどのようになっているか、きちんと確認することがまず大切です。
プラン、補償内容、契約の更新月、いらないサービスやアプリなどの契約はしていないか、端末代金の支払いは終わっているか…

はっきり言ってキャリアの料金体系は分かりにくいし、領収書を見てもさっと一目で詳細が把握できる感じではありません。

分からなければショップに行って相談を。
「料金プランの確認と見直しがしたい」と伝えます。
もし、新たなプランを提示されたらその場ですぐに契約せずに一旦持ち帰り、そのプランについて検索したり、家族と相談した上で検討しましょう。

-格安SIM, スマホ

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.