ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

子育て・教育

キュボロ(Cuboro) 藤井聡太四段が小さい時に遊んだおもちゃ

更新日:

天才!中学生棋士 藤井聡太四段が遊んだ積み木のおもちゃ

GWウィーク中ですが子どもも中学生ともなると、部活がある、友達と映画の約束した…等々で親には付き合ってくれなくなります。

なんだか平日と変わらない気分でTVをポチっと付けてみると、ミヤネ屋で「中学生棋士 藤井聡太くんが子どものころに遊んでいた積み木、キュボロが品切れ続出!!」と特集していました。
なんせ連勝記録は2017年5月5日現在「16」プロデビュー以来無敗。

そんな天才はどんなおもちゃで遊んでいたか。。キュボロとはどんなものなのか。。
小さいお子さんをお持ちの親御さんなら当然、気になりますよね!

キュボロ社(スイス)がつくるピタゴラスイッチ(ピタゴラ装置)のような積み木

NHK Eテレ 「ピタゴラスイッチ」のピタゴラ装置。
大人も子どもも思わず見入ってしまう人気番組。あんなの作ってみたい!と思うお子さんもきっと多いはず。
キュボロの積み木ならそんな願いが叶うかも?!

残念ながら、売り切れ続出なので、手に入れたい方は取扱店にて予約を入れたほうが確実です!
キュボロ ベーシス イメージ

キュボロ積み木1キュボロ積み木2

※画像はhttp://cuboro.ch/(cuboro社WEBサイト)より引用し、当サイトでcuboro basis イメージとして加工したものです

キュボロ 種類はベーシスとスタンダード 他7種の追加パーツセットも

Curobo(キュボロ・クボロ)はすべてスイス北部エメンタール地方の公営の森で育ったブナだけを使って作られています。
1985年に基本セットが発売され、2004年にドイツの由緒ある新聞社のベスト玩具に与えられる「金の木馬賞」を受章。

気になるお値段は¥¥¥

ベーシス      ¥25,920  対象年齢 5歳・6歳 小学生~ 立方体パーツ5㎝角30ピース 玉付き

スタンダード  ¥34,560 対象年齢 5歳・6歳 小学生~ 立方体パーツ5㎝角 54ピース 玉付き

スタンダードのほうがお得みたいです。それにしてもいいお値段(汗)
しかしながら、上質な木材で丁寧に作られたおもちゃだけあって、大人はもちろん、将来、お孫さんの代まで十分遊べると考えたら、コスパが良いですね。追加パーツも7種類と豊富なので、買い足していくと超大作が出来そうです!
高齢者の方の頭の体操にも良いとのこと。おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、子どもが一緒になって遊べるおもちゃ、理想的です。

3~4歳のお子様には 入門セット クゴリーノ

5歳まで待てない!という方はこちら。普通の積み木としても使えますね。
カラフルなパーツと組み立て安さが魅力。

クゴリーノ  ¥25,920 対象年齢 3歳・4歳~ 37ピース 玉付き

クゴリーノ

※画像はhttp://cuboro.ch/(cuboro社WEBサイト)より引用し、当サイトでcugolino イメージとして加工したものです

※販売価格は当サイトが調べた際ものです。販売時期や販売店、販売サイトなどで異なる場合があります

知育玩具 成長後の気になる効果は?

親としては、買ってあげたおもちゃで夢中になって遊んでくれればもう言うことない…はずですが、つい下心期待でそのおもちゃがもたらす効果は?
気になるのが正直なところ。

我が家の娘が小さい頃遊んだおもちゃ(遊び)によって、中学生の今になってどう影響しているか、お伝えします。(藤井くんとは比べものになりませんが…)

 おりがみ・お絵かき

玩具とは言えないかもしれませんが、いちばん夢中になったのはこのふたつです。
興味深いのが、夫も私もおりがみとお絵かきは得意じゃない、という点。

おりがみは「鶴」くらいまでは何とか私が教えたのですが、それ以上難しそうなものは自分で本をみて折ってました。
小学生になると、図書館からおりがみの本をいろいろ借りてきたのですが、その際に著者の名前で本を選んでました。

「この人のはいい作品がいっぱいあるの」
「この人のは説明がわかりやすい」

下の画像は娘が小学三年生のころ折ったシャクヤク?だったかな。

折り紙シャクヤク

効果としては

  • 手先が器用(針仕事や包丁使いに困らない)
  • 記憶力がよい(歴史や地理が得意)
  • 図形の問題が得意(幾何は好き)
  • 色合わせのセンスがよい
  • 集中力がある(習っているプログラミングに役立っている)

こんなところでしょうか。

お絵かきに関しては今も毎日スケッチブックを持ち歩き、イラストなどを描いています。
絵が得意、ということで学校行事のパンフレット、球技大会のTシャツデザイン、文化祭の看板描きなど活躍する場も多くあり、自信に繋がっている様子です。
自分が好きなこと、得意なことが誰かの役に立つという喜びも感じています。

最後に 子どもの好きなもの・ことを見守る

どんな遊び(時にイタズラ)でもおもちゃでも、安全と時間が許せば親が口出しせずに見守るのが理想ですね。

でも、それがむずかしい…
つい口をはさみたくなったり、先回りして何かを教え込もうとしたり。実際、私も「ついつい」やってしまったこと数知れず。

幼少期だけでなく、思春期以降も「子どもの想いを尊重できる親」でありたいと思っています。

-子育て・教育

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.