ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

スマホ IT・WEB

HUAWEI nova 女性視点のレビュー

更新日:

キミにきめた!

愛用のNexus5xが完全に作動しなくなった話はこちら

「ついにきた…Nexus5xの文鎮化」

Googleのフラッグシップ機であるNexusシリーズは打ち切りになったし、新しく出されたPixelは日本での発売は発表されてません。

心残りがないわけではないですが、今回の文鎮化の症状からすると修理費が嵩みそうな予感。

気持ちを切り替えて「次行ってみよー!」とSIMフリー機を物色。

以前から「Nexusがもし壊れたら次は何を使おうかなー」と妄想はしていたので、割とすぐに決まりました。

HUAWEI nova
huawei-nova

画像引用元:http://consumer.huawei.com/jp/index.htm

キミにきめた!

HUAWEI novaの決め手は?

一般にミドルハイと呼ばれる3~4万円台のものを希望していた私。Nexus5xにプラスしたスペックのものがいいなと。

希望としては☟
・RAMは3GB
・バッテリーは3000mAh以上
・指紋認証の性能が良いもの
・OSはandoroid7.0にアップデート可能なもの
・できればCPUはスナドラ(snapdragon)
・プリインアプリの少ないもの
・ケーブルはUSB Type-C
・電子コンパス搭載

折しもHUAWEIの「p10 lite」が発売されたばかり。口コミも上々で、上記の希望と合わない部分もあるけれど価格を考えればコスパ最強。価格優先なら「p10 lite」

他メーカーで比較したものとして、ASUSのZenFone3はバッテリー容量が2650mAh、モトローラのMoto G5 Plusは電子コンパス非搭載。

いろいろ考えた結果、やはりHUAWEI novaが私の希望を一番満たす機種。

こちらがnovaの主な仕様。ちなみに発売時はandroid6.0ですが、購入後、設定時にandroid7.0にアップデート出来ました。

ファーウェイnova仕様スペック画像引用元:http://consumer.huawei.com/jp/index.htm

 

女性に嬉しいサイズ感

novaサイズ
画像引用元:http://consumer.huawei.com/jp/index.htm

ぶっちゃけ、CPUがなんちゃらとか、RAMがどうのとゲームユーザーでもない主婦である私が使っている限り実感はないんです。

ちょっと知識を盛り込んで選びたかっただけで…

普段使用していて気になるのはやっぱりサイズ感、大きさ。Nexus5xは私の手にはちょっと大きかった。

一般的に女性は男性よりも手が小さいし、時に洋服に合わせて小ぶりなバックを持つことも。

一瞬、iPhoneも使ってみようかとムラムラ思ったりしましたが、SIMフリーで買える価格帯ものだとSE。(SIMフリーiPhone高すぎるわ…)

しかしSEくらい小さいと年齢的に眼に厳しい、と却下。

novaは5.0インチと今どきの主流、5インチオーバーのスマホより気持ち小さめ。なので片手で隅々までスイスイ操作可能。カバンの中でも場所を取りません。

ストレスフリーな女性向けサイズ

カメラ機能/遊べる&使える

遊べるメイクモード

45歳も過ぎると、自然光の下で撮影した写真なんて見れたもんじゃ…(泣)

「自分の想像よりはるかに老けている、疲れている」
ぎょっとすることありませんかー?

それが現実と分かっていても、にわかには受け入れがたいのです。「SNOW」が若い子だけでなく女性全般に人気があるのも頷けます。

novaのカメラはセルフィーだと「メイクアップモード」というのがあって、こんな感じで選べるのです。
なし・ヌード・キュート・ナチュラル・スウィート・ピンク・クラブ・パーティー・エレガント

nova カメラ メイクモード

「ヌード」でも十分すぎるほどの補正力!ドラえもんの道具の「うそつきかがみ」みたいにならないよう気を付けなくては。

使えるナイスフードモード

賛否両論あるかと思いますが、外食先で料理の写真を撮る方も増えました。

女性に多い気がします。

novaには「ナイスフード」というモードがあり、料理をより鮮明に美味しそうに撮影できます。

早速試してみました!それほど明るくない室内での撮影です。nova カメラ フードモード明るさがアップしたことでエビは新鮮に見え、キャビアの粒々感もはっきりと分かります。

細かい設定なしでここまで撮れるのは嬉しい。自宅で食べ物系のサロン・お教室をされている方にも向いていますね。SNSに自分の料理をよくアップする方にも。

HUAWEI nova 数日使った感想まとめ

良い点

・5インチという手に馴染むサイズ感に高性能CPU、多彩なカメラ機能などバランスがよく使い勝手のよいスマホ。

・デザインも丸みがありメタルも美しく、エレガントな印象。

・指紋認証の精度が大変良い(Nexus5xより認証が速い)

・大容量のバッテリー(3,020mAh)は標準的な使い方だと2日間は持つ。

イマイチな点

・WI-FIの周波数帯域5GHzに対応していないので、電子レンジやコードレス電話の子機など電波干渉しやすい場所での使用が多い人は注意。

・上記で書いたように便利なカメラモードはあるが、肝心の手ぶれ防止機能がない。アウトカメラは1200万画素なので、やや写真仕上がりに不満を感じる場合も。

・HUAWEI独自のEMUIに慣れるまで少し戸惑う。バッテリー持ちを向上させる設定を行うとアプリ等からの通知が来なくなるので注意。

・アイコンがiPhoneのパクリ風味でちょっと恥ずかしい

 

 

 

 

 

 

 

-スマホ, IT・WEB

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.