ささやかだけど、役に立つこと

日々のライナーノーツ

健康と美容

2017 インフルエンザワクチンは足りていないのか・病院で聞きました

更新日:

インフルエンザワクチンが足りてない

インフルエンザワクチン イメージ

先日美容院に行った時のこと。

隣に座っていた女性が

「今年はインフルエンザワクチンが足りないみたいで、今から予約しようと思ってるけど無理かなー」

と担当美容師さんと話をしているのを耳にして

「あ、やばい。うちもまだ打ってなかった…」

ヘアカラーをペトペト塗られつつ毎年接種に行っているクリニックのFace bookページを調べると

「本日、数量が限られていますが入荷しています。希望の方は午後6時までにご来院ください。」

ワクチンが足りていない原因は?

医師の説明 イメージ

帰ってきた娘の熱を測って、速攻病院へGO

幸い混んでいなかったのですぐに接種が出来て一安心。

で、ついでに今年はなぜインフルエンザワクチンが足りていないか、原因を聞いてみました。

先生「千葉の卵が5月に全滅してね」

私「ワクチンを培養する卵?ですか」

先生「そう、その千葉にあるワクチン製造メーカーの孵化卵がね、検査に引っかかってダメになったから5月の時点で今年は足りないって見通しだったんだよね」

私「そうなんですか」

不足は解消されるのか

ニュースにも上がっていました。「株」の変更があったのですね。

ワクチンは例年、厚生労働省などが種類を決めているが、今年は使用する「株」が製造過程で変更となり、各メーカーの製造開始が遅れていた。東京保険医協会の最新の調査では、65%の医師がインフルエンザワクチンが足りないと回答している。

出典:テレ朝News 11月8日「「ワクチン足りない」インフルエンザの予防予約が…」より

「インフルエンザワクチンが足りない!足りない!」

とニュースになると焦りますよね。(実際わたしも…)

こちらのニュースによると、確かに例年に比べて不足しているものの、12月に入ると不足は少しづつ解消されるのでは、とのこと。

接種する回数 1回?2回?

13歳未満の子どもの場合、1回の接種では十分なワクチンの効果が得られない場合があるので、2回の接種が必要というのは周知されていると思います。

さて、13歳以上はどうでしょうか。

我が家のかかりつけ医は13歳以上でも「2回接種」を推奨しています。

今年はワクチンの製造が遅れて不足気味なので、厚生労働省から2017.9.15付で案として各都道府県衛生主管部宛に以下のような通知が出されています。

13歳以上の者が接種を受ける場合には医師が特に必要と認める場合を除き「1回注射」であることを周知徹底すること

出典元:厚生労働省webサイト インフル安定供給2017通知案より一部抜粋

また厚生労働省webサイトではインフルエンザに関する知識や今年のインフルエンザ総合対策なども確認できます。

これから特に気になるインフルエンザの発生状況は毎週金曜日に更新されていますので、私もチェックすることを習慣にしようと思います。

厚生労働省 インフルエンザ発生状況

画像引用元:厚生労働省

 

 

 

 

 

-健康と美容

Copyright© 日々のライナーノーツ , 2018 AllRights Reserved.